HG 1/144 インパルスガンダム

製作について
今回は百鬼2nd用に製作しました。
コンセプトは1/144なのに1/100並みのディテールを入れ、さらにバランスの取れたインパルスを作るという事です。以前制作したデスティニーの上を行く物を製作課題としました。さらに今回3コ1にしたのは1/100に見えるって事はMG風のインパルスがいいって事でハイペリオンとセイバーが一番理想に近いって事になりこの2種を使用しています。
その為に今回の製作では
1・切った貼ったをなるべくしない!
2・延長加工で本体のバランスを変えない!
3・面構成を変えるだけでプロポーションを変える!
4・パーツ流用でスッキリとしたプロポーションに持っていく!
5・ディテールは細かく・GFFやレックレスのディテールを参考に!
6・デカールはデザイン重視で!さらに流行りのメタルビーズや銀塗装は一切使用しない!
以上の事を踏まえ製作してみました。
今回インパルスをチョイスしたのには理由があります。
誰もが切った貼ったしてプロポーションを変える今の模型。でもそれは元々のプロポーションを崩す結果になりがちです。それをあえて今回プロポーションで切った貼ったをせずともカッコよくなるようにしました。
改修部
◆頭部◆
削り込みと追加ディテールをし分割方法を変えています。
◆首◆
首はレジン棒からの新規作成。レックレスの首を参考にしています。
◆胴体◆
今回は変形(チェストフライヤー&レッグフライヤー)はしないので肩の軸を関節技に変更しポーズを決められるようにしています。
ディテールはレックレスのデティールを参考にしています。
◆腕部◆
二の腕をハイペリオンガンダムより流用。さらにディテールを追加しています。
拳のガードを市販パーツに変更。
手の平はHDM(ストライクフリーダム用)を使用しました。
◆腰部◆
股間をセイバーガンダムより流用。股間フレームのパーツは市販バーニアに変更。
腰サイドアーマーは2mm延長し長くしています。
◆脚部◆
ヒザ関節をセイバーから足先をハイペリオンから流用。
追加ディテールはGFFのF91を参考にしています。
◆シールド◆
裏打ちして肉抜き穴を埋めています。
裏打ちした箇所にプラ板などでガイドを作りました。
◆手◆
手はHDMストライクフリーダム用の物を使いました。
サーベルのみ付属の物を加工。サーベルの刃はHGセイバーより流用。
◆フォースシルエット◆
下羽の接続を関節技に変更。メインスラスター内部はスリット入りプラ板で加工。
バーニア類はエバグリーン0.27mmプラ板でスリットを自作。
塗装・他
塗装は全てフィニッシャーズカラーで調合しています。
■白
Fホワイト
ブルー(本体)
ブルーパープル+スーパーファインコバルト+蛍光ピンク+Fホワイト
水色
本体ブルーにFホワイト
イエロー
オレンジイエロー+レモンイエロー
レッド
ルミレッド+オレンジイエロー+Fホワイト
グレー
ファンデーショングレーを基本に三〜四種程調合□細部を色調を変えたグレーで塗り分けてます。

□スミイレはエナメルで各色事に調合。

◆デカール◆
ガンダムデカール各種、Xデカール□仕上げに艶消しクリアをコート。

頭部センサー類にオーロラデカール。












全身にディテールを追加しています。例えば左上の胸の脇に入れているディテールは縦3mm横2mmサイズで入れています。

首周りのディテール。首の接続はシンチュウ線で接続しています。

首と台座の詳細です。

百鬼に送った製作途中の画像です。

全パーツ

以前制作したデスティニーガンダムとの比較

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO